赤ちゃんの目が悪くなる原因は?

赤ちゃんの健康状態は、大人の健康状態よりも、
きめ細やかな観察が必要ですが、特に視力は体の機能の中でも、
とても重要なもののひとつです。

そして、赤ちゃんは、言葉で「見える・見えない」、
または「見えにくくなった」などとは言わないため、
大人が観察してやる必要もあります。

◎遺伝よりも習慣が大切

目が悪くなる原因として、遺伝的な要素を心配する親御さんも
多いのですが、実際には遺伝的な要素よりも、
毎日の生活習慣の方が大きな影響を与えると言われています。

それで、赤ちゃんのうちから、目が悪くなる原因に
なりかねない習慣は、できるだけ
取り除いてあげた方が良いですよね。

最近では、視力が低下し眼鏡やコンタクトレンズを
使用しなければいけない子供も、非常に増えています。

赤ちゃんの時は、周囲の様々な情報を吸収しますが、
体にも色々な影響を受けているんです。

では、どのようなことは赤ちゃんにとって、
目が悪くなる原因になりかねないのでしょうか?

どんな対策が取り入れられるのでしょうか?

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

目が悪くなる原因を、できるだけなくしてあげたい!と思っている
赤ちゃんがいるご家庭の方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

◎赤ちゃんの目が悪くなる原因とは?

○赤ちゃんにテレビはNG?

忙しい時は、赤ちゃんにテレビやタブレットで映像を見せておくと
静かになるので、ついつい使ってしまうという親御さんが
近年増えています。

もちろん、テレビやタブレットで映像を見せることが
絶対にダメというわけではありませんが、
赤ちゃんの目が悪くなる原因の一つとされています。

テレビやタブレットの画面を長時間見てしまうと、視力が
完成しきっていない赤ちゃんの段階で、目のピントを
調整する機能を果たしている筋肉を
疲れさせてしまうことになります。

もちろん、大人でもそのような習慣は
視力低下の原因になりますが、未発達な赤ちゃんの場合は、
目が悪くなる原因として、大人に対するよりも、
もっと大きな影響を与えかねません。

・時間や見方に工夫を

それで、赤ちゃんがテレビやタブレットを
長時間見すぎることがないように、時間に
制限を設ける必要があります。

さらに、ただ赤ちゃんにひとりで映像を見せるのではなく、
一緒にコミュニケーションをとりながら見ることにより、
一点を赤ちゃんがじっと見つめてしまうことがないような
工夫も大切です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です